中川医院前景
山歩会の紹介ページへ
サロンコンサートの紹介ページへ
中川医院のご案内
トップページに戻るボタン

新型コロナウイルスの影響により、令和2年度お山歩会 第3回中止のお知らせ。
令和2年度『★(一つ星)お山歩会』の予定を掲載いたしました。
令和 1年度 第3回『★(一つ星)お山歩会』の模様をアップいたしました。
アプリコット サロンコンサート 開催のお知らせ(令和元年6月29日)お気軽にご来聴ください。
令和 1年度 第2回『★(一つ星)お山歩会』の模様をアップいたしました。
平成31年度 第1回『★(一つ星)お山歩会』の模様をアップいたしました。

   観 葉 植 物 考

  私が最初に勤務した旧倉敷中央病院には、中央部分に比較的大きな温室があり、患者さんや職員の憩いの場を提供しておりました。
  こうした病院の設計を好ましく思っていたものですから、自分の診療所にもそうしたスペースをと考え、待合室を採光のよい六角形のテラス風とし、天井は吹き抜けで比較的ゆとりのある造りといたしまた。
  窓際等に開院時に頂いた観葉植物の鉢を配置して、セッセと水やりをしてまいりましたところ、植物にとって環境もよいと見え、よく生育し、枝払いや、鉢の植え替えを適時やってきました。
  刈った枝は、挿し木にしたりしておりますと、観葉植物は生命力旺盛で、季節を問わず容易に根づきます。
増える一方です。
写真は、その待合室風景です。
一見、ホテルのロビーとまでは行かなくとも、ウッディな喫茶店といったおもむきを自慢としております。
観葉植物の効用はといえば、空間を埋める緑色の安らぎに加え、空気の清浄化作用もあるとされ、また、その生命力の強さは、患者さんへの励ましにもなると考えます。
今流行りの言葉の「癒し」がピタリと当てはまる効果で、診療所待合に丁度うってつけと思われます。
壁面には、「山歩会」などで撮った草花の写真を飾ったりしており、さらにその効果を高めているつもりです。

自然光がやさしい待合室(開院当初) 「癒し」の空間の待合室(現在) 吹き抜けの天井
  受付は患者様から従業員スタッフが見えるよう全面オープンにして親しく相談できる雰囲気つくりを大切にしています。
  四季を感じ心が和むように、季節に応じた花々を活けてあります。
  患者様から花を頂くこともあり、それを活けるのも楽しみのひとつです。
  花を活ける花器は、私が旅先などで買い求めたものを使用しています。
  花以外にも絵画や雑誌類を定期的に入れ替え、患者様から楽しみにされております。
  当院の二階は音楽ホールになっており、音楽会や健康教室を開くこともあります。
  患者様以外にも利用して頂くなど、常に地域の皆様のお体と心の健康に役立つよう心がけています。
待合室
二階音楽ホール
Copyright©2006(医) 中川医院 All RightsReserved